糸紬'sブログ

糸紡ぎな毎日と日常の小さな事を少しづつ

ついに・・・

 

こんにちは。糸紬です。

 

車に乗って発進してから気づいたのですが、フロントガラスにカエルがおりました。

いや、君、なんてところに・・・!

と思ったものの停車出来るところもなく、どうするんだカエル・・・。

じっくり観察するわけにもいかないのでチラチラ見ていると、最初はど真ん中で進行方向を向いていたのですが徐々に向きを変え、私とにらめっこする状態に。

 

やっはり正面からの風はキツイか・・。

と思っていると、少しずつ横移動を開始。

ワイパーの影に隠れてやり過ごす作戦か!?

 

ところが

ぴゅー

 

端に寄りすぎたのか、頭を出しすぎたのか、カエルは飛んでいってしまいました・・・。

ごめんね・・・

 

 

はい。

えーと、ついに我慢できずにフリースマットを織り始めました。

 

フリースって、よくパーカーとか上着などに使われている化学繊維のアレじゃないですよ。

羊のフリースです(^^♪

 

羊の原毛を一房一房巻き付けていくんですねー。

出来上がりはとっても可愛いのですが、工程がなんとも地味。

 

今、こんな感じです。

f:id:yumeitotumugi:20180521165710j:plain

f:id:yumeitotumugi:20180521165702j:plain

 

原毛はアルパカです。

糸にするには少し硬めのところを、より分けて使っています。

 

アルパカって柔らかい毛は本当に肌触りがいいのですが、少し硬いものになると、チクチクするものもあったりしてどうしようかなーっと思っていたのです。

 

フリースマットいいじゃないですか。

試しに織ってみてイケるようなら、他にも織ってみようかと思っています。

 

こんどは染めた原毛でやってみたいなーとか、妄想はすごいんですよ。

妄想は・・・

 

ではでは、また。

 

糸紬のギャラリーこちら

 

minne

http://minne.com/@yumeito

creema

https://www.creema.jp/creator/940949/item/onsale

 

 

 

広告を非表示にする

すっかりご無沙汰

 

もうすっかり週一更新の糸紬です、こんにちは。

 

なんかねー、いろいろやっているとこうなっちゃうんですよねー(;^ω^)

 

最初は毎日更新するんだ!なんて思っていたのですが・・・。

 

 

えーと・・・

1㎝に切ったラミーと綿を混ぜました。

なかなかいい感じに糸になっていると思います。

 

ただやっぱり、「切れにくい」という利点が微妙に感じられなくるという事故。

綿だけよりは切れにくいのですが、3㎝のラミーよりは切れやすい・・・。

 

一長一短ですなあ・・・。

 

ともかく糸になったら、三角ポーチを編んでみたいと思っています。

 

ではでは、また。

 

糸紬のギャラリーこちら

minne

http://minne.com/@yumeito

creema

https://www.creema.jp/creator/940949

 

 

 

 

広告を非表示にする

綿とラミー

 

こんにちは、糸紬です。

 

綿とラミー、混ぜ混ぜ問題。

yumeitotumugi.hatenablog.com

実際に紡いでみたら、5:5がやはり切れずに紡ぎやすい。

なのでちょっと多めに紡いでみることにしました。

綿25g、ラミー25gのあわせて50gです。

 

そしてドラムカーダーに挑戦。

わたしのドラムカーダーはルエの72tpiです。

 

羊毛をカードするときのように、カーダーの前面に綿を置いてみましたがうまく大きな方のドラムにからまってくれません。

しょうがないので、片手で回しながら直接ドラムに綿をくっつけていくというか、からめていくと言うか・・・に変更。

ラミーと綿を出来るだけ同量に均一になるようにカーダーにからめながら、グルグルグルグル。

 

なんとかそれっぽくはなるものの、ダマがすごい(>_<)

このまま紡いだらものすごくボッコボコの糸が出来るんだろうな~

と思いつつ、今回はそれを目指しているのではないので、あとで綿用のハンドカーダーで仕上げをすることに決め、ざっくりと残りも混ぜることにしました。

 

結論としては、ハンドカーダーで全部やるよりははるかに速かった。

全体をざっくり混ぜるだけならイケる。

 

ただ今回はラミーが3㎝、綿が1.5㎝くらいだったので紡いだ感じはラミーに綿がまとわりついて糸になるような・・たまに綿の塊が伸び切らずにラミーの繊維にはさまれてポコポコした糸になってしまいました。

悪くはないのでそれはそれでいいのですが、ラミーも綿と同じ長さにしたらどうなるんだろう?と新たな疑問。

 

よし、近いうちに挑戦しよう(^^)

 

ではでは、また。

 

糸紬のギャラリーこちら

minne

http://minne.com/@yumeito

 

creema

https://www.creema.jp/creator/940949

 

 

 

 

広告を非表示にする

久しぶりにミンネに出品です☆

 

こんにちは、糸紬です。

 

やっと写真も撮ることが出来たので、ミンネに出品します。

 

商品は、「帰ってきたアメちゃんポーチ!」

 

f:id:yumeitotumugi:20180502180507j:plain

今回は和柄で攻めてみました。

こちらは和柄のパッチワークです。

 

f:id:yumeitotumugi:20180502180500j:plain

で、こちらが和柄の一枚布ですねー。

赤い布なので、横を向いた様子がちょっと金魚のようでとても可愛いのです。

f:id:yumeitotumugi:20180502180515j:plain

パッチワークのものと、一枚布のもの、それぞれ桜と梅のミシン刺繍が入っています。

 

ポーチの前に並べてあるアメちゃんは、例の四角のアメです。

二つ一緒に個包装されているアレ。

撮影の後に久しぶりに食べました。

あのアメが発売されたときは、「アメが四角だなんて!」と画期的だと話題になったものです。

なつかしい・・・(*´▽`*)

 

 今回のポーチは前回のポーチに比べてやや小さめです。持ち手の部分も7㎝と短くなりました。

 

よろしくお願いいたします。

 

ではでは、また。

 

minne

http://minne.com/@yumeito

 

creema

https://www.creema.jp/creator/940949

 

 

 

 

綿とラミーを混ぜる

 

お店のスタッフがレジを打つときに、現計ボタンを「ターン!!」と力強く打つ音が気になって気になって・・・

 

こんにちは、糸紬です。

 

世の中には他人のたてる音が気になる人と気にならない人がいるそうです。

私はもちろん気になる方です(/ω\)

 

今、そんな自分の足音が気になって仕方のない私です。

もともと足音をたてない歩き方だったのですが、店内を歩くときは気配がないとお客さんがびっくりするので歩き方を変えたら、今度は自分の足音がうるさくてうるさくて・・・。

ああ、気になる・・・。

 

てなわけで(どんなわけ?)、今度は綿とラミーを混ぜてみることにしました。

 

「綿に麻を混ぜると切れにくくて、紡ぎやすくなりますよー」

 

と聞いたので。

うちにある麻と言えばラミー。

早速混ぜてみるも、割合が微妙。

7:3? 5:5?

最初に7:3で混ぜて見て、次に5:5でハンドカーダー混ぜてみる。

 

混ぜながら、

たくさん混ぜるとなるとハンドカーダーじゃあ厳しいなー。

でも、綿用のドラムカーダーじゃないんだよなー。

と考える。

 

綿ってドラムカーダーないの?みんなどうしてるの?

 

気になったので、カード途中の綿とラミーを放り出しおもむろにネットに旅に出る私。

いろいろ見てみましたが

 

結論:やってやれないことは無いようだ。

 

 ま、何事もチャレンジですね。

 

では次回。

 

糸紬のギャラリーこちら

 

minne

http://minne.com/@yumeito

 

creema

https://www.creema.jp/creator/940949

広告を非表示にする

ショックです・・・

 

こんにちは、糸紬です。

 

ショックなんです。

 

何がショックかって・・・

 

去年の冬から相方のカーディガンをのんびり編んでいたのですが、後ろ身ごろと前身ごろを編み終わってはぎ合せる段階になって間違いが発覚・・・。

 

本来なら一緒に編まなければいけなかった前立てを、別に編むものだと思って編んでいなかったんです(>_<)

 

このまま別に編んで前身ごろに後付けするか迷ったのですが、春物で薄手なので違和感が・・・。

 

あーもー、しょーがないなー!!

 

前身ごろ全部ほどくよ・・・(T_T)

 

と半泣きで全部ほどいたところです。

 

もう、春、終わっちゃうじゃん・・・

 

ではでは、また。

 

 

 

広告を非表示にする

綿を紡ぐなら

 

ストレスが腰に来てギックリ寸前の糸紬です、こんにちは。

 

なんかねー、後ろを見るのについ体をひねると「ぐき」ってなりそうで怖いです。

 

 

シェットランドが終わりましたので、前回の宣言通りにスーピマ綿を紡ごうと思ったのですが、よくよく考えてみたらいきなり本番も良くないなと気づき、まずはリサイクル布団綿で肩慣らしをすることにしました。

 

案の定、ぶちぶちと切れていく糸。

 

これはもう、あれだね、アレの出番だね。

ってことで

 

ババーン!

f:id:yumeitotumugi:20180417211508j:plain

カタツムリのようなこれ、アナンダさんのチャルカです。

手動です。

大きい車に持ち手がついているので、それをぐるぐる回しながら紡ぎます。

 

撚りを早くかけられるので短い繊維でも絡まりやすく、細い糸が紡げます。

綿を紡ぐのにピッタリ!

ただ問題は、右手は常に車を回しているので糸を引くのは左手のみ。

 

久しぶりすぎて慣れるまで非常にボコボコな糸が出来ています。

 

いきなり本番いかなくてよかった(;^ω^)

 

ではでは、また。

 

 

糸紬のギャラリーこちら

minne

http://minne.com/@yumeito

 

creema

https://www.creema.jp/creator/940949

 

 

 

 

広告を非表示にする